COVID-19ワクチン接種の受け方

ワクチンを受けるのは簡単でかつ安全です。友達や家族にワクチンを受けるよう広めましょう。

English繁體中文 | 简体中文 | Français | ਪੰਜਾਬੀ | فارسی | Tagalog | 한국어 | Español | عربى | Tiếng Việt | 日本語 | हिंदी

最終更新日:  2022年1月5日

最新の情報に関しては、英語のページをご確認ください。



Get Vaccinatedシステムで登録および予約する

ご自身および両親、孫および子供など他の人の登録をすることができます。SINナンバー、運転免許証の番号あるいは 銀行口座、およびクレジットカードの詳細を尋ねることはありません。

一度登録すると、確認番号を使って、予約を取ることができるようになります。オンラインまたは電話で予約を取ることは簡単かつ便利で、診療所のワクチン接種を保証します。

必要であれば、簡単にオンラインで予約の変更ができます。

最も早い登録方法:英語表記のオンライン登録

オンラインにて登録する場合、以下を提供 しなければなりません。

  • 名前と苗字
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 個人健康番号(PHN)
  • 定期的に確認できるEメールアドレス あるいは テキストメッセージを受信できる電話番号

BC州運転免許証あるいはBC州サービスカードの裏側にてPHNは確認できます。

オンラインで登録する2分で登録できます。

その他の登録および予約オプション

個人健康番号をお持ちでない場合、電話にて登録する必要があります。これにより、あなたのPHNが発行されます。

電話番号 : 1-833-838-2323|通訳者の利用が可能です。

週7日、午前7時から午後7時まで(太平洋夏時間)

カナダ国外とアメリカ合衆国:1-604-681-4261

ビデオリレーサービス(VRS)は、聴覚障害者、難聴者、または言語障害のある登録者に手話による通訳を無料で提供します。

すべてのサービスBCオフィスで担当者と直接会って登録ができます。

営業時間は、各オフィスによって異なります。訪問する前に確認してください。

たとえ、個人健康番号やその他の書類をお持ちでなくても、すべての方がワクチンを受けることができます。

カナダ国民である必要はありません。別の場所で1回目の接種を受けている場合でも登録をしてください。すべての情報は、保護され、他の期間や政府の一部と共有されることはありません。

COVID-19ワクチンの前後、いつでもインフルエンザの予防接種を受けることができます。インフルエンザの予防接種ができる診療所を探す。


子どもおよび若者向けの情報

12歳から17歳の子ども

乳幼児法では、成熟未成年者としてワクチン接種などの医療を受けることに同意することができます。信頼できる成人と一緒にワクチン接種を受けるほうが安心する場合は、彼らがご自身のワクチン接種に付き添うことができます。ワクチンクリニックに到着したら、チェックインプロセスを行ってください。下記の例のうち、いずれか1つの子供の身分証明書を持参することをお勧めします。

  • BC州サービスカード
  • BC州運転免許証
  • 学生証
  • 出生証明書
  • 銀行カード

5歳から11歳の子ども

子供の登録をする保護者には、案内が届きます。保健当局は、放課後や夕方に営業時間を延長し、子供が行きやすい時間に運営を行います。


ワクチンクリニックでの流れ

診療所を訪れる前に、ヘルスリンクBCのCOVID-19ワクチンの安全性 に関する情報を確認することを推奨します。クリニック滞在時間は、合計30分から60分ほどです。 

到着準備をする

予約の準備をする

  • 食事を控える必要はありません。必ず水分を取ってください。
  • 予約確認と写真付きIDをお持ちください。
  • 短い袖のシャツとマスクを着用する
  • 予約時間の数分前に到着する

付添人を1人のみ連れてくることができます。

すべてのクリニックは、車椅子対応です。必要であれば、マスクをもらうことができます。

予約時間の間

クリニックでは、下記のことをします。

  • 写真付きIDと予約確認をもってチェックインしてください。希望する場合、私的な場所で接種を受けることができます。
  • ワクチン投与の接種
  • 2回目接種の場合、診療所は、1回目のワクチンと同じワクチンの投与を試みます。
  • 観察エリアで15分待ちます。

予約の後、BCCDCによるCOVID-19 ワクチンアフターケア (PDF, 953KB) を確認してください。 


2回目の接種を受ける

COVID-19による深刻な症例に対して最も効果的に予防するために、ワクチンを2回接種する必要があります。2回の接種を終えるまで、あなたは完全に予防されていません。

1回目の接種から約56日後に2回目の接種の予約のため、テキストメッセージ、Eメールおよび電話にて通知が来ます。1回目接種の予約と同様、場所、日時を選ぶことができます。

予約に行く際、予防接種記録を持参するか、Health Gatewayのオンライン予防接種記録を提示することを推奨します.


中等度から重度の免疫無防備状態にある人々のための情報

中度から重度の免疫システムが低下している方は、一般に2回のCOVID-19ワクチン接種による抗体反応が低くなります。研究によると、最初のワクチンシリーズを完了するために3回目の接種を行うと、これらの方はCOVID-19から守るための抗体を作成するのに役立つとされています。

中度から重度の免疫不全の人で、条件を満たす場合は、3回目のワクチン接種を受けます。

固形臓器移植を受け、免疫抑制療法を受けたことがある:

  • 固形臓器移植を受けたことがある。 心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓または膵島細胞、腸または臓器移植の組み合わせが含まれる場合があります。

固形腫瘍または血液悪性腫瘍(骨髄腫や白血病など)の積極的な治療を受けたことがある:

  • 2020年1月以降、悪性疾患に対して抗CD20薬を投与している
  • 2020年3月以降、全身療法(化学療法、分子療法、免疫療法、CAR-Tを含む標的療法、モノクローナル抗体、癌のホルモン療法を含む)を受けている、または受けている。 これには、この期間内の固形腫瘍および血液がんが含まれます
  • 2020年10月以降、がんの放射線療法を受けている、または受けている

造血幹細胞移植を受けたことがある:

  • 2019年9月以降、骨髄または幹細胞の移植を受けたか、移植に関連する免疫抑制薬を服用している

中等度から重度の原発性免疫不全症にかかっている:

  • T細胞、免疫調節不全(特に家族性血球貪食性リンパ組織球症)または1型インターフェロン欠損症(遺伝性原発性免疫不全症または抗インターフェロン自己抗体に続発する)に影響を与える免疫不全症を併発している
  • 成人または小児の免疫学者によって診断され、継続的な免疫グロブリン補充療法(IVIGまたはSCIG)が必要な中等度から重度の原発性免疫不全症、または原発性免疫不全症の遺伝的原因が確認されている(例:ディジョージ症候群、ウィスコットアルドリッチ症候群)

病気と定義するAIDS、CD4数≤200/ mm3、またはCD4画分≤15%、2021年1月以降の検出可能な血漿ウイルス量がある、またはHIV感染および65歳以上または周産期にHIV感染する前。

以下のカテゴリーの免疫抑制療法で積極的な治療を受けている:

  • 2020年1月以降、抗CD20剤で以下を治療している:リツキシマブ、オクレリズマブ、オファツムマブ、オビヌツズマブ、イブリツモマブ、トシツモマブ
  • 2020年1月以降、B細胞枯渇剤で以下を治療している:エプラツズマブ、MEDI-551、ベリムマブ、BR3-Fc、AMG-623、アタシセプト、抗BR3、アレムツズマブ
  • 2020年12月15日以降、生物調剤で以下を治療している:アバタセプト、アダリムマブ、アナキンラ、ベンラリズマブ、ブロダルマブ、カナキヌマブ、セルトリズマブ、デュピルマブ、エタネルセプト、ゴリムマブ、グセルクマブ、インフリキシマブ、インターフェロン製品(アルファ、ベータ、およびペグ化形態)、イキセキズマブ、メポリズマブ、レ セキキヌマブ、チルドラキズマブ、トシリズマブ、ウステキヌマブ、またはベドリズマブ
  • 2020年12月15日以降、経口免疫抑制薬で以下を治療している:アザチオプリン、バリシチニブ、シクロホスファミド、シクロスポリン、レフルノミド、フメリン酸ジメチル、エベロリムス、フィンゴリモド、ミコフェノール酸、シポニモド、シロリムス、タクロリムス、トファシチニブ、ウパダシチニブ、メトトレキサート、デキサメタゾン プレドニゾン、メチルプレドニゾロン、またはテリフルノミド
  • 2020年12月15日以降、ステロイドの経口投与または継続的な注射で、以下を治療をしている:デキサメタゾン、ヒドロコルチゾン、メチルプレドニゾロン、またはプレドニゾン
  • 2020年12月15日以降、免疫抑制剤の注入/注射で以下を治療している:クラドリビン、シクロホスファミド、グラチラマー、メトトレキサート

透析中および/または重度の腎臓または腎疾患を患っている:

  • 透析中(血液透析または腹膜透析)、またはステージ5の慢性腎臓病(eGFR <15ml / min、または糸球体腎炎でステロイド治療を受けている)

2回目の接種から約4週間後に、州のシステムGetVaccinatedら3回目の接種の方法と時期について連絡があります。

  • EメールまたはSMSでのやりとりを選択している場合、オンライン予約をするためのリンクが送られます。
  • 電話での連絡を希望している場合、担当者が予約のために電話連絡をします。

中等度から重度の免疫不全患者の条件を満たし、連絡がない場合は、医療提供者に連絡してください。

BCワクチンカードで完全にワクチン接種されていると見なされるために、3回目の接種は必要ありません。


アストラゼネカ製ワクチン接種に関する情報

mRNAワクチン(ファイザー製またはモデルナ製)は、すべてのワクチン診療所で提供されています。 1回目の接種でアストラゼネカ製を受け取った場合で、2回目の接種として、ファイザー製またはモデルナ製ワクチンを接種したい場合、安全上の懸念はありません。

アストラゼネカ製ワクチンの供給は、限られますが、BC州のわずかの診療所でまもなく利用可能になります。1回目または2回目の接種をアストラゼネカ製で希望する場合、ウェイティングリストに登録することができます。決定する前に、BCCDCの2回目接種のワクチンの選択に関する情報を確認することを推奨します。

1回目でアストラゼネカ製を接種する

2回目でアストラゼネカ製を接種する

1回目でアストラゼネカ製を接種した場合、最寄りの保健当局から同じワクチンで2回目接種の予約をするように連絡があります。


お困りですか

すでにCOVID-19に感染したことがあり、回復している場合でも、ワクチンを接種する必要があります。

最近感染した場合も、ワクチンを接種してください。

  • 自主隔離期間を終了している
    かつ
  • 症状がなくなった場合、症状が出始めてから(あるいは検査が陽性だった日から)少なくとも10日経過している

予約変更は簡単に、24時間いつでもオンラインで行うことができます。

予約の変更をする

注意: 確認番号が必要です。

1-833-838-2323へお電話ください。コールセンターの係りの者が番号をお探しします。

カナダ国外とアメリカ合衆国:1-604-681-4261

再登録はしないでください。

1-833-838-2323へお電話ください。コールセンターの係りの者が情報を修正します。

カナダ国外とアメリカ合衆国:1-604-681-4261

再登録はしないでください。

別の州または国でCOVID-19ワクチンの1回目もしくは2回目を接種した場合、以下が必要となります。

  • 州の登録システムGet Vaccinatedに登録する
  • 公式な予防接種記録を提出する。この記録は州の予防接種登録に入力されます。

ワクチン接種記録を提出する