COVID-19のブースターを接種する

ブースター接種により、COVID-19の重度の症状に対する保護を延ばすことができます。

English繁體中文 | 简体中文 | Français | ਪੰਜਾਬੀ | فارسی | Tagalog | 한국어 | Español | عربى | Tiếng Việt | 日本語 | हिंदी | Українська Русский

最終更新: 2023年2月1日

最新の情報に関しては、英語のページをご確認ください。

このページでは以下の内容が確認できます:


最初のブースターを接種する 

ほとんどの方は、最初のワクチンシリーズとして、2回接種します。 2021年、これにより、COVID-19関連の重篤な病気から非常によい保護を得ることができましたが、時間が経つとともに、保護力は十分でなくなっていきます。新たな変異株に対しては、2回の接種で、十分に保護することができません。

たとえ、COVID-19に感染した場合でも、ブースター接種は必要です。 ブースターを接種しなければ、最適な状況とは言えません。


COVID -19ブースター接種およびインフルエンザ予防接種の案内

完全な保護を得るには、5歳以上すべての方がブースターを接種する必要があります。全ての人にとって、COVID-19のブースターとして二価ワクチンを接種することができます。

ほとんど方にとって、秋および冬の時期の感染リスクが高くなる季節にブースター接種をすることが最適です。

ブースター接種時にインフルエンザの予防接種を受ける

予防接種を最新の状態に保ちやすくするために、COVID-19ブースター接種と同時に無料でインフルエンザ予防接種を予約することができるようになりました。

最近、COVID-19ブースター接種をされた方は、インフルエンザ予防接種の予約に関する案内が別途届きます。

 

ドロップインでの予約を希望する

一部の薬局や診療所では、ドロップインでのインフルエン予防接種予約に対応しています。空き状況は保証されません。

インフルエンザの予防接種を確実に受けるには、コール センターにお電話いただき、最も都合のいい時間にて予約を確保することを推奨します。


ワクチンのオプションを理解する 

ブースター接種として提供されるワクチンは、年齢層により異なります。 

18歳以上の方

二価ワクチンのブースターを接種していない場合、次の接種は、モデルナ製あるいはファイザー製二価ワクチンが提供されます。

二価ワクチンは、COVID-19のオミクロン変異株に対しよりよい保護を提供します。 

5歳から17歳の方 

次のブースターは、ファイザー製二価ワクチンが提供されます。

最初のワクチンシリーズでどのワクチンを接種しているかは関係ありません。 

ほとんどの方の場合、最後の接種から6か月後に接種します。

すでに二価ワクチンを接種している場合、まだ免疫力が継続しているため、この時期に新たに接種する必要はありません。

mRNAでないワクチンのオプションを希望する 

COVID-19に対して最も効果的な保護を提供するため、mRNAワクチンが、最適なオプションです。

18歳以上で、mRNAでないワクチンを希望する場合、ノババックス製ワクチン、あるいはジョンソン&ジョンソン製ワクチンを接種することができます。 


最寄りの場所で予約を取る 

あなたの接種時期が来ると個人向け予約案内が届きます。 

コミュニティーの薬局および保健当局診療所であなたのご都合に合う時間で予約を取ることができます。予約にかかる時間は15分から30分ほどです。一人または家族で予約に行くことができます。 

以下の方のための個人的な情報:

乳幼児法では、成熟未成年者としてブースター接種などの医療を受けることに同意することができます。

自分で予約するか、信頼できる大人に予約してもらうことができます。他の予約と同様に、一人で行くことも、信頼できる大人と一緒に行くこともできます。

あなたが、臨床的に非常に脆弱な場合は、追加免疫を行うことが特に重要です。

 

臨床的に非常に脆弱である若者

12歳から17歳の場合で、以下の症状に該当する場合、対象になったらすぐにブースターを接種することは大切です。

移植

  • 固形臓器移植(腎臓、肝臓、肺、心臓、膵臓)を受けたことがある。

がん

  • 現在、がんの全身療法を受けているか、過去12ヶ月以内に受けたことがある方。これには、がんに対する化学療法、分子標的治療、免疫療法、モノクローナル抗体、ホルモン療法が含まれます
  • 現在または過去6ヵ月間に、がんに対する放射線治療を受けている方
  • 過去6ヶ月間に、CAR-T細胞治療などの免疫系に影響を与える標的がん治療を受けている、または受けていた方
  • 血液または骨髄のがん(白血病、リンパ腫、骨髄腫、骨髄異形成症候群など)を患っている方
  • 過去6ヶ月間に骨髄または幹細胞の移植を受けた方、または移植に関連して現在も免疫抑制剤を服用している方

重度の呼吸器系疾患

  • 嚢胞性線維症を患っている方
  • 過去3年間に小児閉塞性肺疾患または同様の小児疾患のために入院したことがある方
  • 過去3年間 に、喘息のために入院したことがある方
  • 次の少なくとも1つを必要とする重度の肺疾患がある。
    • 長期で家庭用酸素が必要
    • 肺移植の評価を受けている
    • 重度の肺動脈性肺高血圧症*、重度の肺線維症/間質性肺疾患*または同様の小児疾患がある

希少な血液の疾患

  • ホモ接合型鎌状赤血球症の方。
  • ハイリスクのサラセミアを患っている方、つまりサラセミアと以下の2つの疾患のある方
    • 輸血依存性のある方
    • 鉄キレート療法を受けている方
    • 輸血前のヘモグロビン値が過去2~3年において70未満である
    • 鉄過剰症である
    • サラセミアの治療で脾臓を摘出したことがある、またはその他の重大な疾患がある
  • 非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)または発作性夜間ヘモグロビン尿症を患う12歳以上の方

その他の希少な疾患

  • 代謝(生化学的疾患)の専門家を必要とする、代謝が不安定な先天性代謝異常がある方
    • 尿素回路の欠陥
    • メチルマロン酸尿症
    • プロピオン酸尿症
    • グルタル酸尿症
    • メープルシロップ尿症
  • 重度の原発性免疫不全症とわかる疾患がある方。つまり、T細胞に影響を与える複合免疫不全症、家族性血球貪食性リンパ組織球症、または1型インターフェロン欠損症の方

脾臓摘出術

  • 脾臓を摘出した方、または脾臓が機能していないと言われた方(機能性無脾症)

インスリン投与中の糖尿病

  • 現在、糖尿病でインスリンを服用している(注射またはポンプ)

ハイリスクの重大な発達障害

  • ダウン症である
  • 脳性麻痺がある
  • 知的/発達障害がある(IDD)
  • 以下のサポートを利用、またはサポートを受けている方
    • 12歳以上での青少年を対象とした看護支援サービスプログラム
    • 在宅プログラム

腎疾患

  • 透析(血液透析または腹膜透析)を受けている方
  • ステージ5の慢性腎疾患の方(eGFRが15ml/min以下)。
  • 糸球体腎炎を患い、ステロイド治療を受けている方

呼吸器系のサポートが必要な神経筋/神経系または筋肉系の疾患をお持ちの方

  • 肺周辺の筋力が著しく低下しており、人工呼吸器またはバイレベルの気道陽圧法(Bi-PAP)を継続的に使用する必要がある方

服用している免疫抑制療法によって免疫系が影響を受けている方

あなたの免疫システムを抑制することで知られている高用量のステロイドまたは他の薬を服用している。これらの薬を服用する必要があるかもしれない多くの慢性疾患があります。移植、肺疾患などのリストされた状態の1つ、またはリウマチ状態、神経学的状態、または追加の自己免疫状態などの追加の状態のためにこれらを服用している可能性があります。最後に薬を服用した時期が重要なので、リストを確認するときは時期(または日付)を慎重に検討してください。
 

  • 過去3か月の間に服用したバイオ医薬品
    アバタセプト、アダリムマブ、アナキンラ、ベンラリズマブ、ブロダルマブ、カナキヌマブ、デュピルマブ、エタネルセプト、ゴリムマブ、インフリキシマブ、インターフェロン製品(アルファ、ベータ、およびペグ化形態)イキセキズマブ、メポリズマブ、リサンキズマブ、サリルマブ、セクキヌマブ、トシリズマブ、ウステキヌマブ、またはベドリズマブ
     
  • 過去12か月の間に服用したバイオ医薬品
    アレムツズマブ、リツキシマブ
     
  • 過去3か月の間に定期的に(通常は毎日)に服用した経口薬 :
    アザチオプリン、バリシチニブ、シクロホスファミド、シクロスポリン、レフルノミド、フメリン酸ジメチル、エベロリムス、ミコフェノール酸、シロリムス、タクロリムス、トファシチニブ、ウパダシチニブ、メトトレキサート、デキサメタゾン、ヒドロコルチゾン、プレドニゾン、メチルプレドニゾロンまたはテリフルノミド
     
  • 過去3か月の間に服用した経口または注射によるステロイド剤
    デキサメタゾン、ヒドロコルチゾン、メチルプレドニゾロン、プレドニゾロン
     
  • 過去3か月の間に服用した免疫抑制注入剤
    クラドリビン、シクロホスファミド、グラチラマー、メトトレキサート

12歳以上の妊娠されている方は、最初のワクチンシリーズから3か月後にブースターを接種することができます。妊娠のどの段階の方でも対象です。

1-833-838-2323 にお電話いただき、ご自身が妊娠していることを伝えてください。次の可能な予約時間にて予約をお取りします。

自立型生活施設に住んでいる場合や長期自宅介護を受けている場合は、訪問した医療従事者からブースターを接種することができます。 

地方および遠隔地の先住民コミュニティのお住いの場合、最寄りの保健当局から届くブースターをご自身のコミュニティで接種できます。


案内が手元にない

案内を受け取るには、Get Vaccinatedに登録している必要があります。案内がまだ届いていない、あるいは見つからない場合、下記を行ってください:

予約を取るために助けが必要である

質問がある場合、GetVaccinatedシステムに登録しているか分からない場合は、コールセンターにお電話ください。

電話番号 : 1-833-838-23237日、午前7時から午後7時まで|通訳者の利用が可能です。

カナダおよびアメリカ合衆国以外からお電話される場合:1-604-681-4261へおかけください。