Kaslo Sourdough

Kaslo Sourdoughはサワードウを使ったグルメパスタを製造しています。家族や友人と一緒に楽しめる美味しいパスタです。

Kaslo Sourdough image 2017

Kaslo Sourdoughは、穀倉地帯のカナディアン・プレーリーで収穫された高品質な穀物を主に使用して、健康志向の消費者向けに、さまざまな種類のサワードウパスタを製造しています。サワードウは伝統的な発酵方法ですが、Kaslo Sourdoughが新たな機能性食品としてサワードウパスタを開発するまで、パスタの製造に使用されることはありませんでした。サワードウパスタは栄養豊富で美味しい上に、消化が良く、5~6分でアルデンテに茹で上がります。パスタは愛嬌のあるイラストが描かれたジッパー付きのスタンディングパウチに充填されており、常温で2年半の保存が可能です。容量はファミリーサイズの1ポンド(約453g)です。

Kaslo Sourdoughのサワードウパスタは、Classic Radiatori(ラジエーター型ショートパスタ)、Classic Rotini(渦巻き型ショートパスタ)、Whole Wheat(全粒粉)、Buckwheat(ソバ粉)、Quinoa(キノア)など、種類が豊富です。食の安全性を確保するために、同社は厳格な品質検査と安全性試験を実施しており、常に安全基準を上回る高品質な製品を製造しています。製造施設では、卵、乳製品、ピーナッツ、木の実、魚介類、大豆などの一般的な食物アレルギーの原因物質が混入するリスクを最小限に抑える取り組みを行っています。

生産工程をモニタリングするため、Kaslo Sourdoughは危害分析重要管理点(HACCP)管理者認定資格を取得したスタッフを必ずラインに配置しています。

Kaslo Sourdoughは1993年に設立された家族経営の会社で、カスロという地名にちなんで名づけられました。パスタを製造する何十年も前からサワードウブレッドを焼いてきました。2013年に「パスタともう一度恋に落ちて欲しい」という願いを込めて、サワードウで作ったパスタを商品化しました。製品は発売以来、健康業界で話題を呼んでいます。

Kaslo Sourdoughの製品は、イノベーション、創意工夫、管理など、さまざまな賞を受賞しています。同社は「消費者のためにヘルシーな機能性食品を製造する」というミッションを掲げており、人、利益、地球、目的[FK1] という4大原則(quadruple bottom line)に従っています。食品廃棄物は可能な限り堆肥化し、リサイクルや転用を図っています。また、製品のパッケージデザインを工夫することで、包装資材の使用量を減らしています。