5歳から11歳までのCOVID-19ワクチン

子供向けCOVID-19ワクチンは、重篤な病気を予防するのに安全で効果的です。

English | 繁體中文 | 简体中文 | Français | ਪੰਜਾਬੀ | فارسی | Tagalog | 한국어 | Español​​ | عربى | Tiếng Việt | 日本語 | हिंदी | УкраїнськаРусский

最終更新:2022年8月4 

最新情報に関しては、英語のページをご確認ください。

このページでは以下の内容が確認できます:


子供の1回目の接種を登録する

お子様のCOVID-19ワクチン接種の予約をするには、州システムGetVaccinatedに登録する必要があります。これは、ご自身のワクチン接種のための登録で使ったシステムと同じです。

今すぐ登録する お子様の登録は1回のみです。

お子様の次の予約を取る時期になるとGetVaccinatedシステムから案内が届きます。 


すべての子供に対して同意が必要です

ワクチン予約に行く際、同意を提出してください

お子様が、COVID-19ワクチン接種するには、同意が必要となります。 

子供に対する同意は以下の方によって提供することができます。

  • 保護者、法定後見人、または里親
  • 祖父母や親戚といった保護者

同意の提供が求められるのは、親、法定後見人、または里親のどなたか1人のみです。予約時に同意の提供が求められます。

保護者の同意について質問がある

保護者が別居、離婚、または同居したことがなく、子供のワクチン接種に同意しない場合、ワクチン接種を子供に希望する親は、以下に従わなければなりません。

1. 家族法に基づき子供の保護者になる

および

2. 医療および健康関連の治療に対する同意の付与または拒否に関連する親としての責任を負う

親が同居していない場合、両親のどちらか、または両方が親としての責任を持っているかどうかを示す書面による合意書または裁判所の命令書を持っている場合があります。確信が持てない親は、自分の状況について法的アドバイスを受けることをお勧めします。

裁判所命令は、親ではない成人に後見人を与える場合があります。

このような状況で、その個人が医学的および健康関連の治療への同意の付与または拒否に関連する親としての責任も持つ場合、彼らはワクチンの同意を提供することができます。

一時的な命令、暫定的なケア、自主的な合意、またはアウトオブケア命令を受けている子供

親または法定後見人は、子供のソーシャルワーカーと相談し、子供にワクチンを接種するかどうかを決定します。

登録には2つのオプションがあります。

  • 親または法定後見人は子供を登録することができます
  • 子供のソーシャルワーカーは、親または法定後見人の同意を得て、子供を登録することができます

永久的な監護権の移転(54.1 / 54.01)

世話人は法定後見人であり、同意を提供することができる。

継続的な監護命令(CCO)下の子供

子供のソーシャルワーカーは、里親または保護者に口頭で同意を伝えることができます。

里親または世話人は子供を登録し、ワクチンの予約に連れて行くことができます。


質問がある場合、最寄りのチャイルド&ファミリーサービスオフィスに連絡することができます。

休みを取る

雇用者は、あなたが子供をCOVID-19ワクチン接種に連れていく場合、仕事を失うことなく休みを取ることを許可しなければいけません。この休暇を取ることで、あなたは仕事を失うことはありません。

必要な場合、オンラインで予定を変更することができます。


友達や家族に子供を連れて行ってもらう

あなたが子供を予約に連れて行くことができない場合、あなたは他の成人も同意を提示する権限を与えることができます。

これを行うために、以下の内容が記載されている書面を提出する必要があります。

  • 別の成人に権限を与える親/法定後見人の名前
  • 子供の名前
  • 子供の生年月日
  • 同意権限を与えられた成人の名前
  • 別の成人に権限を与える親/法定後見人の署名
  • 署名日
  • 親/法定後見人の連絡先

 


子供のワクチン予約について

最寄りの診療所で、ほとんどの予約を取ることができます。子供と予約で必要な時間は全体で15分から30分です。子供が複数いる場合、それぞれ予約を取る必要があります。

子供向けワクチン情報は、お子様の予約の準備の手助けのために利用できます:

到着準備

子供のために予約の準備をしてください。

  • ワクチンの接種について、子供と話してください
  • 予約確認書とBCサービスカードなどのIDを持参してください
  • 子供は半袖シャツを着る必要があります
  • 断食する必要はありません。水を飲むことをお勧めします。

接種を受ける

あなたと子供が快適に接種を受けられるようにします。

  • ェックインの際、あなたと子供は質問に答えます
  • 接種中、パズル、ビデオ、会話などの気晴らしを行います。
  • 少し腕をつまんだり、チクッとしますが、接種には数秒しかかかりません
  • 接種後、待合室で約15分間待ちます。

ワクチンの予約後

大人や若者と同様に、あなたの子供にワクチン接種後に副作用がある可能性があります。


2回目の接種のタイミング

COVID-19の深刻な症例に対して最も効果的な予防策を講じるには、子供に2回のワクチン接種をすることです。 2回目の接種は1回目の接種から約8週間後に提供されます。

子供の2回目の接種予約のために、テキスト、Eメールまたは電話で案内が届きます。

中等度から重度の免疫システムが低下している子供は一般的に2回のCOVID-19ワクチン接種による抗体反応が低くなります。3回目を接種することで、COVID-19から守るために必要な抗体を作ることができます。

州のGetVaccinatedシステムから、お子様が2回目接種を受けてから約4週間後に、3回目接種を予約する方法と時期について連絡があります。お子様が条件を満たしており、連絡がない場合、医療提供者にご連絡ください

中等度から重度の免疫障害がある子供に対する3回目の接種条件

移植

  • お子様は、固形臓器移植(心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓あるいは膵臓細胞、腸あるいは、複数の臓器)を受けている

  • 昨年、お子様は、抗CD20または他のB細胞枯渇療法を含む血液悪性腫瘍の前進治療を受けた 
  • 過去2年間に、お子様は、骨髄、幹細胞移植、CAR-Tを受けた、または免疫抑制薬を現在服用している
  • 過去6か月の間、お子様は、固形腫瘍に対する抗癌全身治療を受けた、これには以下を含みますが、これらに限定されるものではありません: 
    • 細胞毒性化学療法
    • 分子標的療法
    • 免疫療法
    • モノクローナル抗体
    • 転移性疾患の設定で使用される骨修飾剤
    • 高用量ステロイド(例:1か月以上の間に20mg /日以上に相当するが、補助療法でホルモン療法または骨修飾療法のみを受けているお子様を除く)
  • 過去3か月の間、お子様は癌の放射線治療を受けた、または現在受けている

免疫システムが免疫抑制療法の影響を受ける子供

お子様は、免疫システムを抑制することが知られている高用量のステロイドまたは他の薬を服用しています。あなたのお子様がこれらの薬を服用することを必要とする可能性がある多くの慢性的な健康状態があります。お子様が最後にこの薬を服用したタイミングが重要となります。リストを確認する際、タイミング(または日付)に気を付けて検討してください。
 

  • 過去1年間に受けた治療:
    • 抗CD20または同様の薬剤:
      リツキシマブ、オクレリズマブ、オファツムマブ、オビヌツズマブ、イブリツモマブ、トシツモマブ
    • B細胞枯渇または同様の薬剤:
      エプラツズマブ、MEDI-551、ベリムマブ、BR3-Fc、AMG-623、atacicept、抗BR3、アレムツズマブ
  • 過去3か月の間に受けた治療:
    • バイオ医薬品:
      アバタセプト、アダリムマブ、アナキンラ、ベンラリズマブ、ブロダルマブ、カナキヌマブ、セルトリズマブ、デュピルマブ、エタネルセプト、ゴリムマブ、グセルクマブ、インフリキシマブ、インターフェロン製品(アルファ、ベータ、ペグ化形態)、イキセキズマブ、メポリズマブ、セクキヌマブ、チルドラキズマブ、トシリズマブ、ウステキヌマブ、またはベドリズマブ
    • 経口免疫抑制薬:
      アザチオプリン、バリシチニブ、シクロホスファミド、シクロスポリン、レフルノミド、フマル酸ジメチル、エベロリムス、フィンゴリモド、マイコフェノラート、シポニモド、シロリムス、タクロリムス、トファシチニブ、ウパダシチニブ、メトトレキサート、テリフルノミド
    • 14日以上の経口または注射によるステロイド:
      デキサメタゾン、ヒドロコルチゾン、メチルプレドニゾロン、またはプレドニゾンと同等の用量(例、1日あたり20mg以上または体重が10kg未満の場合は1日あたり2mg / kg以上を投与されているお子様)
    • 免疫抑制注入/注射:
      クラドリビン、シクロホスファミド、グラチラマー、メトトレキサート
    • 静脈内酵素補充療法の前に免疫抑制として投与される断続的な高用量ステロイド

腎臓/腎疾患

  • お子様は、透析中である(血液透析または腹膜透析) 
  • お子様は、ステージ5の慢性腎臓病(eGFR <15ml / min)を患っている 
  • お子様は、糸球体腎炎を患っていて、ステロイド治療を受けている

その他の免疫不全

  • お子様は、小児免疫学者によって診断された原発性免疫不全症を患っている
  • お子様は、以下の病気と定義されるまたはHIV感染の既往がある: 
    • 以前のCD4数≤200/ mm3以下
    • 以前のCD4分率≤15%
    • 過去1年間に血漿中のウイルス量が検出

ワクチンの安全性

カナダ保健省は、子供向けの2つのmRNAワクチンを承認しました。

  • ファイザー・ビオンテック・コミナティ製ワクチンは、5歳から11歳の子供向けに承認されました。
  • モデルナ・スパイクバックス製ワクチンは、生後6か月以上の子供向けに承認されました。 

成人向けおよび子供向けのすべてのCOVID-19ワクチンは、同じプロセスで確認および承認が行われています。子供向けCOVID-19ワクチン接種に関する臨床情報は、カナダ保健省のウェブサイトにより利用可能です。 

お子様にワクチンを接種させることで、深刻な病気からお子様を守ります。幼児のお子様は、すでにCOVID-19に感染していても、ワクチンを接種する必要があります。

mRNA子供ワクチン投与

子供向けのファイザー製およびモデルナ製mRNAワクチンは、若者および成人向けに使用される同じワクチンより少ない投与量となっています。

子供は少量のワクチン投与量でCOVID-19から成人と同様に予防することができます。

あなたのお子様がまもなく12歳になる場合、若者および成人向けのワクチン接種対象となるまで待ち、ワクチンを受けさせるのかどうかはあなたの選択となります。


子供に対する資料

COVID-19についてお子さんと話し、ワクチン接種を受けることが重要であることを伝えます。

ワクチンに関するスーパーヒーロー漫画

お子様の予約前に、一緒にこの漫画を印刷し、色塗りをすることができます。

紋章色塗り 

あなたの子供はワクチン接種を受けるために彼らのスーパーヒーローの紋章の色塗りをすることができます。 

ポスター 

ワクチン接種について情報を拡散してください。 


助けが必要である

医師に相談することをお勧めします。ヘルスリンクBCに電話し、看護師と話すこともできます。

電話番号: 8-1-1 | 週7日、24時間、通訳者の利用可能

モデルナ製ワクチンは、6歳から11歳までの子供受けに承認されています

お子様にモデルナ製ワクチンを接種させたい場合、診療所に到着時その旨を伝える必要があります。数に限りがあり、モデルナ製ワクチンが、利用する場所で利用できない場合があるからです。

子供のワクチン接種に関して質問がある場合、コールセンターにお電話ください。 

電話番号: 1-833-838-2323週7日、午前7時から午後7時まで(太平洋時間)、通訳者の利用可能

カナダまたはアメリカ合衆国以外から電話する場合: 1-604-681-4261