Ethical Bean Coffee Company

Ethical Bean Coffee Company Ltd. (Ethical Bean)は、カナダで100%フェアトレードの有機コーヒー豆を販売する大手企業です。

Ethical Bean Coffee Company image 2017

Ethical Bean はさまざまな種類の高品質コーヒー豆を焙煎、ブレンド、試飲、検査し、輸出しています。取扱品目はフレンチロースト; ラッシュ(ミディアムダークロースト); ボールド(ダークロースト); クラシック(ミディアムロースト); デカフェ(ダークロースト); メロウ(ミディアムロースト); エキゾチック(ミディアムローストのエチオピア);スイートエスプレッソ(ミディアムダークローストのエスプレッソ用)です。HACCP(危害分析重要管理点)を活用したシステムにより、製品の安全性を確保しています。

製品の透明性を確保するために、Ethical Bean は新しい技術を用いた包装材を使用しています。各パッケージにはQRコードが印刷されており、これを無料のEthical Beanアプリでスキャンすると、生産者とのインタビュー動画を見たり、官能検査のデータや焙煎プロファイルを調べたり、グーグルマップを使って各パッケージの豆の生産地の正確な場所を探したりすることができます。ホールビーンズ用のパッケージには鮮度を保つための止水ジッパーがついており、コーヒー粉用のパッケージには簡単に折りまげることのできる封かん用ワイヤーがついています。Ethical Beanの新しいコーヒーポッドは、コーヒー豆の殻とその他の再生可能な材料からできており、キューリグ社のコーヒーメーカーと互換性のある個装で、使用後はすべてが堆肥になります。BPIの認証を受けたことにより、このポッドは市販のコンポストで5週間あれば分解できることが認められています。

Ethical Beanはロイド・ベルンハルトとキム・シャクトの夫婦によって2003年にバンクーバーで設立されました。100%フェアトレードの有機コーヒー豆だけを扱うことにより、Ethical Beanは同社の契約生産者がコーヒー市場の不安定性と農薬の使用から確実に守られるようにしています。「Just. Better.(適正であること。より良いこと。)」はEthical Beanのキャッチフレーズであると同時に同社の行動規範でもあります。

Ethical Beanは、米国グリーンビルディング協会の開発・運用によるLeadership in Energy and Environmental Design(LEED)の建物環境総合性能評価指標に準拠するよう造られた100%カーボンニュートラルな施設を使用し、温室効果ガスを80%以上削減できる技術で同社の豆を焙煎しています。同社は地域社会へのアウトリーチ活動だけでなく、ガテマラの生活水準を向上させる活動を行っている「チャイルド・エイド」や「Project Somos」に毎年寄付をしています。 Ethical Bean は2014 年にフェアトレード・カナダの「年間最優秀ライセンシー賞」を受賞しました。