Blue Goose Cattle Company

Blue Goose Cattle Company (Blue Goose)は、プレミアムなオーガニックビーフの世界有数の生産者です。

Blue Goose Cattle Company images

 

Blue Goose は、出生から出荷までの全期間を通じて、プレミアムでオーガニックな肉用牛を生産することに取り組んでいます。近年は海外市場の開拓も行っています。同社の子牛は乳離れするまで母牛のミルクを飲み、その後は有機牧草地で放し飼いされています。最高の飼料を与え、適切な飼育管理に努めています。また、疾病治療以外の目的で抗菌薬を投与しない; 仕上げ期に100% 植物の餌を与え、抗生物質や成長ホルモンを添加しない; 政府認定の屠殺場で食肉加工することを守っています。仕上げ期の牛の飼料には有機大麦を5% 配合したものを与えています。

上記の方法で飼育し、仕上げ期に穀物を与えた牛の肉は、人工添加物や防腐剤が含まれておらず、オメガ3 脂肪酸やオメガ6 脂肪酸が豊富で、肉質が柔らかいのが特徴です。Blue Goose は、HACCP(危害分析重要管理点)プログラムを実施している連邦政府認定の施設を使用して、製品の安全性を確保しています。

Blue Goose は2004 年にノースバンクーバーで設立されました。オーナーはBC 州の南カリブー地域の外れで150 万エーカーの所有地を管理し、牧場を経営している一家です。牧場では健全な森や牧草地、植物の生物多様性、きれいな水、野生動物の生息地を保護し、将来にわたって健全な生態系を維持する革新的な取り組みを行っています。Blue Goose はカナダの有機認証と米国農務省(USDA)オーガニック認証を取得しています。また、アニマルウェルフェアに配慮した飼育管理が評価され、グローバル・アニマル・パートナーシップの家畜飼育5 段階評価システムで4 に格付けされています。