Soo Jerky

Soo Jerky Ltd. は、東南アジアのミートスナックの美味しさを世界に広めたいという思いに突き動かされています。

Soo Jerky images

Soo Jerky はさまざまなミートスナックを販売しています。販売品目は、ビーフ、ポーク、サーモンジャーキー(スタイル: Soo クラシック、ベトナム風、西洋風、ニューアジア、味付け: 四川風、テリヤキ、ホットレモングラス、フルーツフレーバー、メープルレモン); 食肉調製品(ビーフミートボール、ポークミートボール、ポークソーセージ); シュレッドタイプ食肉調製品(ソフトポーク、クリスピービーフ、シーウィードポーク、サーモンフィッシュスン)です。

Soo Jerky のスナックはカナダ食品検査庁(CFIA)認定の加工施設で製造されています。同社は食品安全品質(SQF)レベル2 の認証を取得し、製品の安全性を確保しています。すべての製品は品質保持期限が製造から18 ヶ月と長いため、輸出に適しています。赤い外箱がトレードマークです。

Soo Jerky は1985 年にリッチモンドで設立されました。創業者のフィリップとスー・ウォンはマレーシア出身で、お祝いのご馳走であるシンガポール風のジャーキーはめったに口にできないものでしたが、大好物でした。カナダに移民してから、自宅でジャーキーを作り、バンクーバーのチャイナタウンで売り始めました。1986 年にバンクーバーで開催された国際博覧会に出品したことが転機となり、現在は40 種類のミートスナックを製造し、カナダ内外で販売する人気ブランドへと成長しました。