Ethical Bean Coffee Company

Ethical Bean Coffee Company Ltd. (Ethical Bean)は、カナダで100%フェアトレードの有機コーヒー豆を販売する大手企業です。

Ethical Bean Coffee Company images

Ethical Bean はさまざまな種類の高品質コーヒー豆を焙煎、ブレンド、試飲、検査し、輸出しています。取扱品目はフレンチロースト; ラッシュ(ミディアムダークロースト); ボールド(ダークロースト); クラシック(ミディアムロースト); デカフェ(ダークロースト); メロウ(ミディアムロースト); エキゾチック(ミディアムローストのエチオピア);スイートエスプレッソ(ミディアムダークローストのエスプレッソ用)です。同社はHACCP(危害分析重要管理点)システムを導入して、製品の安全性を確保しています。

製品の透明性を確保するために、Ethical Bean は新しい技術を用いた包装材を使用しています。各パッケージにはQR コードが印刷されており、無料のEthical Bean アプリでスキャンすると、生産者とのインタビュー動画、官能検査のデータ、焙煎プロファイル、生産地の場所を示すグーグルマップが表示されます。豆用のパッケージには鮮度を保つために繰り返し開閉可能なチャックが付いており、粉用のパッケージには便利なワイヤータイが付いています。

Ethical Bean はロイド・ベルンハルトとキム・シャクトのカップルによって2003 年にバンクーバーで設立されました。ガテマラに旅行し、現地の女の子を養子に迎えた二人は、コーヒー産業で働く人々の生活をもっと豊かにしたいと考えるようになり、100% フェアトレードの有機コーヒー豆だけを扱う会社を設立することにしたのです。Ethical Bean は、同社の契約生産者が市場価格の変動リスクにさらされず、有害な農薬や化学物質を使用していないことを保証しています。「Just. Better.」(本当に良いものだけを)はEthical Bean の企業スローガンであると同時に、二人の生き方のポリシーとなっています。

Ethical Bean は、エネルギー環境設計リーダーシップ(LEED)の内装カテゴリーに準拠した100% カーボンニュートラルな施設で、温室効果ガスを80% 以上削減することができる技術を使って、コーヒー豆を焙煎しています。同社は地域社会へのアウトリーチ活動だけでなく、ガテマラの生活水準を向上させる活動を行っている「チャイルド・エイド」や「Project Somos」に毎年寄付をしています。 Ethical Bean は2014 年にフェアトレード・カナダの「年間最優秀ライセンシー賞」を受賞しました。