Kalala Organic Estate Winery

Kalala Organic Estate Winery(Kalala)は、オカナガン地方の美しい街・ウェストケロウナの段丘の上にあるワイナリーです。ワインコンクール受賞歴もあります。

Kalala Organic Estate Winery images

Kalala は有機認証を取得した畑で栽培されたブドウを手摘みで収穫し、最高品質のワインを造り出しています。人気の高いアイスワイン(ツヴァイゲルト・アイスワイン2011: ポートスタイル、ビロードのような滑らかさ、バランスのとれた酸味。シャルドネ・アイスワイン2013:2016 年にフランスで開催された世界ワインコンペティションで「世界で最も素晴らしいシャルドネ」に選出);軽くてクリスプな酸味を持つ白ワイン(明るい酸味のピノグリ2014、アロマのあるゲヴュルツトラミネール2013、ブレンドワインのHarmony White 2014); 力強い味わいの赤ワイン(スパイシーなピノノワール2013、こくのあるツヴァイゲルト2012、ブレンドワインのHarmony Red 2013)があります。同社のすべてのワインはBC 州のワイン醸造品質管理協定(VQA)認定を取得し、品質と製品の安全性を確保しています。

Kalala は2006 年にウェストケロウナで創業されました。会社名のカララは「奇跡の地」という意味を持ち、自然と調和したブドウ栽培を行うというワイナリーのコミットメントを表しています。Kalala は家族経営の会社で、創業者のカルネール・シン・シデュは農業と高品質のワインを手ごろな価格で提供することに情熱を注いでいます。同社は2010 年に有機認証を取得しており、最小限の介入でブドウ品種の特性とウェストケロウナのテロワールをうまく引き出すワイン造りをモットーにしています。

Kalala は100% 有機栽培のブドウ畑と契約しています。同社は農業がBC 州のサーモンの産卵場所の生態系に与える影響を低減するため、Salmon Safe の活動に協力しています。また、JDRF 財団の取り組みを支援し、ワイナリーで集めた寄付金を会社名の由来となっているインドの農村に学校を建設する活動に送っています。