Chaberton Estate Winery

Chaberton Estate Winery(Chaberton)は、フレイザーバレーにある自社農園で数々の受賞歴に輝くワインを造っています。

Chaberton Estate Winery images

Chaberton はさまざまなタイプのワインを造っており、近年は大口の注文に応じて輸出を行うようになりました。製品は白ワイン(リザーブ・シャルドネ、リザーブ・ピノグリ、リザーブ・バッカス、ヴァレー・シャルドネ); 赤ワイン(リザーブ・シラー、リザーブ・メルロー、ヴァレー・ガメイ、ヴァレー・カブ); その他のワイン(ヴァレー・ピンク、シャバートン・ジーガレーベ・デザート)です。すべてのワインはBC 州産のブドウ100% を使用し、ワイン醸造品質管理協定(VQA)認証を取得しています。Chaberton はフレイザーバレーとオカナガンバレーのテロワールの特徴を表現した最高品質のBC 州産ワインを造っています。

Chaberton は1991 年にラングリーで設立されました。同社はフレイザーバレーの中では最も古く大きなワイナリーの一つです。Chaberton の前身は1975 年にフランスで設立されたワイナリーで、創業者であるクロードとインゲのヴィオレ夫妻はフランスの醸造施設とブドウ畑を売却し、新天地を求めてカナダに移住してきました。

二人の精力的な調査の結果、ラングリー南部のテロワールは北フランスの優良ワイナリーのテロワールと共通点があり、冷涼な気候を好むブドウ品種の栽培に理想的なことが分かりました。

ラングレーで25 年間ワイナリーとブドウ畑を経営したヴィオレ夫妻は引退を決意し、2005 年にアンソニー・チェンとユージーン・カンに資産を売却しました。Chaberton は現在、BC 州で5 番目に大きなエステートワイナリーです。ユージーンはワイン業界のために積極的に活動しており、ワイン産業諮問委員会のメンバーを務めています。